処理の流れ

「マジックバイオくん(R)」の処理の流れ

投入するだけ!カンタン処理

投入

簡単パネル操作
稼働パターン:食品廃棄物量・3種類とバイオ資材・5種類の組み合わせで稼動時間は変化します。生ゴミを投入したら、タッチパネルで稼働パターンを選択してスイッチオン。あとは待つだけです。

撹拌・破砕開始

特許取得の撹拌・破砕メカニズム
ステンレス製のブレード(刃)が回転し生ゴミを破砕。回転軸に対するブレードの取り付け角度がそれぞれ異なることで、生ゴミのより細かな撹拌と破砕を実現しました。
[特許第3041620号]

破砕による外形の減容 30分経過

繊維質以外はほぼ破砕され、投入した生ゴミの原形がほとんどわからないほどの大きさに。撹拌槽内の温度が上昇し、少しずつ蒸気が発生しはじめます。

成分(有機物)の分解開始 60分経過

バイオテック・ユーノサによって生ゴミ(有機物)を発酵分解させます。その過程で水分が蒸発し、炭酸ガスとともに大気中に放出されるため、悪臭の発生はほとんどありません。

完了

数時間で発酵分解が完了。

※投入する生ゴミの量・状態(成分、含水率など)や機種によって処理時間は変化します。

取り出し

生ゴミの大部分が分解されるため、一度に大量の残渣が発生しません。このため、撹拌槽に蓄積した残渣を取り出すのは月に一度で済みます。特殊な器具を用いず簡単に取り出せます。

資料請求、ショールームのご予約

デモ機もございます!ショールームでお待ちしております!

生ごみ処理機初めての導入
食品関連業者に求められる姿勢
外注委託処理と自社処理の違い
生ゴミ処理機の種類
リサイクルループ 広がっています
業種別導入実績
生ゴミ処理機 トラブル集
マジックバイオくんご紹介
「マジックバイオくん」の特長
導入事例~福祉施設様~
処理の流れ
商品仕様紹介

秋山建材工業のこだわり・代表メッセージ

ご相談・お問い合わせはこちら
TEL:048-645-5552 / 受付時間:平日 9:00~18:00
資料請求・メールでのお問い合わせ

秋山建材工業株式会社 -OFFICIAL SITE-