生ゴミ処理機の種類(バイオ方式・乾燥方式・焼却方式)

生ゴミ処理機の種類

生ゴミ処理機には「バイオ方式」「乾燥方式」「焼却方式」の3つの処理方式のものがあります。それぞれ処理方法や減容率などに違いがあります。

バイオ方式
有機物分解用バイオ資材(菌体)によって、生ゴミ(有機物)を発酵分解させ残渣にする仕組み。減容率は50~70%。
乾燥方式
ヒーターなどの熱源や温風で食品廃棄物の水分を蒸発させ、乾燥・攪拌・破砕して減量、衛生化を行う仕組み。減容率は50~70%。
焼却方式
焼却して灰にして食品廃棄物の量を減らす仕組み。

生ゴミ処理機の比較

バイオ方式 乾燥方式 焼却方式
減容率
コスト 安い 電気代が高い 焼却ガス代が高い
臭い ほとんどない 少ない 少ない
環境への影響 堆肥として使用できるので、リサイクルループを実現できる ゴミを減らすことはできるが堆肥化はできないので、リサイクルループを実現できない ダイオキシン類・CO2の発生により環境に悪影響を与える恐れがあり、法規制の対象となっている
メンテナンス性 とても良い
1週間に一度程度の取り出しでOK
悪い
使うたびに残渣を取り出す必要がある
悪い
使うたびに灰を取り出す必要がある

減容率の高さやコスト・手間がかからないことなどを考えると、バイオ方式の生ごみ処理機が優れていることがわかります。

バイオ方式なら「マジックバイオくん(R)」が断然お勧め!

「マジックバイオくん(R)」なら減容率が従来のバイオ方式のゴミ処理機よりもさらに高い85~90%! 大量の生ゴミもコンパクトに処分でき、残渣は1ヶ月に一度の取り出しでOKです。コスト・手間を大幅に抑えられます。

PICK UP バイオ方式の種類

バイオ方式には堆肥方式と大幅減容方式があり、減容能力に違いがあります。弊社取り扱いの「マジックバイオくん(R)」は大幅減容方式の生ゴミ処理機です。

堆肥方式 大幅減容方式
減容率は50~70%。1週間に一度、残渣を取り出す必要がある。 減容率は85~90%。1ヶ月に一度の取り出しでOK。

スイッチオンしてあとは待つだけ!簡単処理で手間もコストもかからない業務用生ゴミ処理機「マジックバイオくん」の特長

デモ機もございます!ショールームでお待ちしております!

生ごみ処理機初めての導入
食品関連業者に求められる姿勢
外注委託処理と自社処理の違い
生ゴミ処理機の種類
リサイクルループ 広がっています
業種別導入実績
生ゴミ処理機 トラブル集
マジックバイオくんご紹介
「マジックバイオくん」の特長
導入事例~福祉施設様~
処理の流れ
商品仕様紹介

秋山建材工業のこだわり・代表メッセージ

ご相談・お問い合わせはこちら
TEL:048-645-5552 / 受付時間:平日 9:00~18:00
資料請求・メールでのお問い合わせ

秋山建材工業株式会社 -OFFICIAL SITE-